第24回 オフィス移転・レイアウト変更時の文書管理

第24回 オフィス移転・レイアウト変更時の文書管理

2月7日に≪オフィス移転と文書管理≫と題してセミナーを開催しました。総勢60名(51社)の方々に参加していただきました!誠にありがとうございました♪
そのときのお話を、かんたんにまとめてお伝えいたします。セミナーにご参加できなかった方、必見ですケロ♪

最近の企業のオフィス移転理由

2013年の移転動機としては2011年、2012年に比べ
「人員増・業務拡大」・「分散オフィスの集約」
といった攻めの理由で移転する企業が増加してきているようです。

反対に、賃料削減といった消極的移転動機は少なくなっております。

家賃の上昇

今後数年間は建物の目立った大量供給はなく、さらに、復興需要や東京オリンピックの影響で建築費の高騰や職人不足が深刻化すると見られ、ますます家賃が上昇すると予測されています。

そこで、今でしょ!!とばかりに移転を検討している企業が多いようです。

移転時の文書管理プロジェクトの進め方

そこで僕からは「移転時の文書管理プロジェクトの進め方」についてセミナーで説明させてもらったケロ♪

オフィス移転時は文書管理を始めたり、特に文書削減の大チャンスなんだけど、移転時はとても忙しく、リソース不足になり、どうしても上手くいかないことが多いんだよね。

そんなときの文書管理の進め方“3つのポイント”

1.手間無く(すぐに)

2.リスク無く

3.移転後も文書がたまらない

この具体的な方法を説明させていただきましたケロ♪

カエルコンサルからのワンポイント

どうすれば文書の管理を各部署がわかりやすく、手間無くコア業務(移転)に集中できるのか?

どうすれば一時的な整理ではなく、移転後にも継続的に文書管理ができるのか?

どうすれば情報漏洩の心配なく、余分な文書がたまらなくなるのか?

セミナー資料のご提供や、個別セミナーはいつでも開催しますので、お気軽に声をかけてくださいケロ♪

また、弊社の事例やソリューションを利用しての解決方法をお知りになりたい方は、是非ご相談くださいケロ!

>> オフィス移転・レイアウト変更時の紙文書削減サービスはこちらです♪

文書管理カテゴリの最新記事

カエルコンサル小冊子

総務部門の方必見

月間総務(抜き刷り)
失敗しない文書管理特集